読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南極の図書館

ペンギンが寝ていた…。

Eclipseをvimっぽく使うVrapperプラグインを入れた

「イージーモードが許されるのは小学生までだよねー。」

という有名なネタがある。
それはゲームの話なわけだが、仮にゲームはそうだとして、現実は、

「イージーモードに入れるのは工夫をした人間だけだよね。」

というのが正しいと思っている。
何かをやりとげなければならない。その志が高いほど、何も考えずにぶつかっていけば難易度が高くなっていく。
ゲームでいえばハードモードとかルナティックとかいうものになる。


私は最近、膨大な量のコードを読んでいて、もともと作業量が限界に近かった。
ジリ貧になっていたところ、今週から更に忙しくなり、これはもう絶対無理という感じに。
その一番大きな原因はEclipseの習熟度の低さというか、思うような移動ができないことだ。


「もうちょっとVimみたいに動いてみろよ!」


そんなことも言いたくなる。
ああ、そうだ。
考えてみたら「もうちょっとVimみたいに動いてみろよ!」と思う人はいくらでもいるだろう。
なら、解決策もいくつかあるだろう、と検索すると出てくる。


いくつかあったが、Vrapperというのを選んだ。
Vrapper — Vim-like editing in Eclipse
Eclipseの更新サイトに入れるならこれ。
http://vrapper.sourceforge.net/update-site/stable


いくつか設定をしたけどそれは今度書くので割愛。
結果だけ書くと、超便利。
今までハードモードを強制されていたゲームがイージーモードになった。
ゲームじゃなくて仕事だけど。


こうなるともう楽しくなってくるもので、今日はたっぷりと働いてきたし、明日からのスケジュールにも光が射した。


「イージーモードの入り方を探さないなんて、小学生までだよね。」