読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南極の図書館

ペンギンが寝ていた…。

「スティーブジョブズ」を読みはじめた

とても良い本だと思う。雰囲気としては「福翁自伝」のようだと感じる。
常識や決まりなどには捕われず自分がやりたいことをやる。その快活さと大きな志とが、福沢諭吉にも、ジョブズにもある。


読んでみて、私が意外だなと思ったのは大きく二つ、まずは「天才」では無かったこと。
リード大に入った頃はカリスマ性というほどのものは無く、後天的なものだということが書かれている。
もうひとつは、感情表現が下手だということ。
これは、意外ではないという人も多そうだが、ウォズのおやじにいろいろ言われて泣いてしまうところなど、クールとは程遠い人物であったようだ。
また、読んでいるとジョブズよりもウォズの方に感情移入してしまうところが多いのだが、エンジニアの大半はそうなんじゃないかなと思う。


ジョブズ関連の本を多く読んでいる人には「新しい内容はない」とも言われているようだが、私はそういう本は読んでいないし、楽しく読めている。
もちろん例の「祝辞」や、いくつものプレゼンテーションは見ているが、ちょうどそれが前提となって、すんなり読めている。
逆に、それらを見ていないのなら、その都度Youtubeを見ることになるのだろう。


あーだこーだ言わずに、まずは読んでおこうという本だと思う。