読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南極の図書館

ペンギンが寝ていた…。

VMware Fusion3を買った

表現 日記 Mac

iMacと一緒に購入したWindows7 HomePrem32bit。
これをBootCampに入れていたが、ここ半年は一度も起動せず、もったいないなぁと思っていた。
そこで、評判が良いVMwareFusion3の、30日無償評価版を使ってみることに。
VMware Fusion: Mac をデスクトップ仮想化に使用して、Mac 上で Windows を実行
これは想像以上に使い勝手が良く、30日経過と同時に購入した。

BootCampと比較

大きく二つの利点がある。


1.再起動が不要。
ただのアプリとして立ち上がるので、すぐにWindowsに入れる、しかもまったくモタつかない。
私はSpacesで一つ割り当てているけど、これは楽だ。相性が良い。
BootCampは再起動が必要だったので、どうしてもというときじゃないと使いたくなかった。
そして、どうしてもという機会は半年間で一度も無かった。


2.MagicMouseの精度がいい。
MagicMouseはBootCampでは正直使いたくないレベルで、別途マウスを買おうかと思うくらいだ。
Fusion3ではMacOSXと同じように動いてくれる(と私は感じている)。

できるだけ安く買う

安く買えるのに越したことはないなと調べ、結局980+3551円で購入。
(もっと安く買う方法があるかもしれません。)


act2.comから。
404 Not Found - act2.com
Fusion 2 サポートレス→Fusion 3 サポートレスへアップグレード / 980 + 3,600 = ¥ 4,580


購入の流れは簡単で、全部合わせても10分程度。
・ユーザー登録をする
・Fusion2を980円で購入
・Fusion2のシリアルがメールで送られてくるが、特に使わない。
・Fusion3(アップデート版)を3600円で購入(ポイントが49あるので49円引かれる)
・Fusion3のシリアルがメールで送られてくるので、評価版で使っていたFusion3を立ち上げて、シリアル番号を入力する。
結局、購入後の作業はシリアルの入力だけ。

Windowsの再アクティベート

使いはじめたら一つ問題が起こった。
「このWindowsコピーは正規品ではありません」という表示が出て、プロダクトキーを入れ直してもダメ。
原因はBootCampにも入れていたから?(随分前に削除済みなのだが。)
仕方ないのでWindowsに表示されている指示に従い、フリーダイヤルのサポートに電話をかけた。
全て自動音声で、5分ほどで再アクティベートが完了した。

環境構築

まだ全然進んでないけど、ドキュメントフォルダの共有など便利な機能がある。
しっかり使うならメモリ(4G)が足りないと感じたので、先日追加で8Gを買ってきたら本当に快適になった。
サブで使ってるXPから徐々に環境を移行して、そろそろ隠居させてあげよう。