南極の図書館

ペンギンが寝ていた…。

低い枝の実を取る

※仕事の話。
4月から見てきて、スタートダッシュに成功した人もいれば、残念ながらあまり評価されていない人もいる。
その差は、意識しているかどうかに関わらず「低い枝の実を採る」、「シングルヒットを狙う」ということをやっているかどうかだと思う。

低い枝の実を採る

成果はすぐに提示すること。それが完璧でなくても。
例えば、全体としてまとまっていなくても、手応えのある取っ掛かりがあればそれを伝える。
または、細部を確認していないものでも、大枠ができていたらそれを伝える。
はじめから完璧なものを出そうとして一人でがんばる必要はない。
一人でがんばるということは連絡が薄くなるということでもあり、やはりいいことがない。


小さな成果でも見せることができれば「信頼」が得られる。
それが何より大切で、小さな信頼の積み重ねというのは何より強い武器になっていく。

シングルヒットを打つ

ホームランを狙って打率1割以下に落ち込むよりも、コンスタントに一塁に出ること。
なぜならチームはそれを求めているから。


思わず先頭打者ホームランを打ってしまった、というときは、しばらく控え目な態度で過ごした方が良い。
期待されたことが出来ないと評価はすぐに落ちる。
(期待してくれと頼んでも居ないのに、どんどん落ちる。)
機会があれば、大きな成功ではなく着実に成果を出していくつもりだと上司に伝える。(一般的に、上に行くほどリスクを嫌う人が増える。)
コンスタントに結果を出し、たまに盗塁を決めたり運良く二塁打が出るくらいで、十分評価は上がっていく。




〜〜
4月から何人か見ていて、どうもそのあたりが上手くないせいか評価が上がらないメンバーがいる。
大きな成功が欲しいんだろうな、と思うんだけど、まずは小さな成功、小さな信頼を狙って、少しずつ進めていって欲しい。
大きな成功で周りを驚かせたいという気持ちはわからなくもないけど、仕事の中での「驚き」は無いにこしたことはない。
それが嬉しい驚きでも「打率」が下がるのなら嬉しくないし、それを毎回期待されると、こんどは当事者がかわいそうなことになってしまう。




※元にしたのはこちら。定期的に読んでる。

iTunesStoreの返品方法。その後

こちら、返品が受理されました。
iTunesStoreの返品方法 - holyppの日記


メールより。

ご連絡いただきました、誤って購入されたアイテムについて、料金を返金いたしました。xxxxx円のクレジットが、ご購入時のレシートに記載されたお支払い方法に沿って返金されます。

ストアクレジットで購入されたアイテムに対する払い戻しがクレジット表示に反映されない場合は、「Store」メニューで「サインアウト」を選択してから「サインイン」を選択してください。

今後ともご支援・ご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

ねじまき鳥と1Q84

先日書店に寄ると、1Q84の文庫が出揃っていた。
村上春樹の長編はそれまでに11作ある。その中で私は読んだのは7、未読が3。
今ちょうど「ねじまき鳥クロニクル」を読んでいて、未読の3作品は買っていない。
時期が良いし、終わったら1Q84を買いに行こうと思っている。
そこで、物語の背景やデータなどがあれば掴んでおこうとWikipediaを読んでいたら、村上春樹のインタビューが引用されていた。

僕が今、一番恐ろしいと思うのは特定の主義主張による『精神的な囲い込み』のようなものです。多くの人は枠組みが必要で、それがなくなってしまうと耐えられない。オウム真理教は極端な例だけど、いろんな檻というか囲い込みがあって、そこに入ってしまうと下手すると抜けられなくなる」

「物語というのは、そういう『精神的な囲い込み』に対抗するものでなくてはいけない。目に見えることじゃないから難しいけど、いい物語は人の心を深く広くする。深く広い心というのは狭いところには入りたがらないものなんです」
(毎日新聞インタビュー、2008年5月12日 [4]より

1Q84 - Wikipedia


全文読もうとしたら引用元がリンク切れになっていてガッカリしたが、これは「コミットメント」以後の村上春樹をよく表していると思う。
考えてみると、コミットメントはちょうど「ねじまき鳥〜」の頃だったし、今読んでいるから波長が合ったところもあるんだろう。
後の「海辺のカフカ」は、そのあたり行き過ぎたくらいかなとも感じるが、それはそれで良かった。


話が変わって、最近は仕事がとても忙しくなっている。
こういうときにやってはいけないのは、空き時間をすべて休養に充てること。
疲れていると休みたくなるのだが、それでも読書やゲーム、スポーツなどをしないと、精神がやられてしまう。
中でも読書は準備がほとんど必要ないので、気分転換やアクセントとしてとても良い。
通勤時間などに、しばし現実から離れるわけだ。


また、上にあるとおり「いい物語は人の心を深く広くする」ので、些細なことで「投げたり」「揺れたり」しなくなる。
そういうところから、少しずつ自分の意志や自分の芯といったものも構成されていくのではないか。
それは大事なことだし、それが成長というものだと思う。


iTunesStoreの返品方法

ひさしぶりにAppStoreをぶらぶらと見ていたら、間違って不要なアプリを購入してしまった。2年連続2回目。
昨年も一度やって返品したんだけど、やり方を忘れていたので備忘として。
(前回返品時のメール履歴にiTunes Store カスタマーサービスのURLがあったのでそこから調べた。)


このリンクで下記1〜4は飛ばせる。
1.iTunesを起動。
2.iTunesStoreをクリック。
3.右上のアカウントをクリックし、パスワードを入力(アカウント情報が開く)。
4.購入履歴の「全て見る」をクリック。
5.右下の方にある「問題を報告する」をクリック。
6.画面上部の「最近の購入」一覧に「問題を報告する」というリンクが追加されるのでそこをクリック。
7.プルダウンに「間違ってこの商品を購入した」があるので選択し、コメントを入力する。


コメントは、誤ってボタンを押してしまった、ダウンロードはキャンセルした。という内容で送った。
前回(2011年8月)はそれで返金された。


単純にこちらのミスなので返金されなくても文句を言うつもりはないけど、ワンクリックで確定してしまうUIはちょっと不親切かな。
無料のものは良いけど、有料のアプリにはワンクッション欲しい。

できる人間とは。

ずば抜けてできる人間なんてそうそう出会わないはずなのに、または能力を発揮するシーンにはかち合わないはずなのに。


どしゃぶりの中、担当者が事前に調べた物件を全て歩いて確認し、その後自分が納得するまで走りまわる。
そして担当者より何倍も良い提案を笑顔で行う。


担当者とは私です。
切腹ものでした。本当にありがとうございました。

今春プログラマまたはSEになる方へ

4月まであと一週間ということで。
昨年書いたのはどうだったかなと見直したら、言いたいことがほとんど書いてあった。
今春“プロ”グラマーになる人が、あと1週間で学ぶ3つのこと(+1) - holyppの日記


簡単に言うと、「経験する前から頭でっかちになるな」ということ。
あるべき設計、あるべきコード、というのはもちろんあるんだけど、それよりも組織の一員として評価を得ることが大事なので、そこにフォーカスすべき。


そのあたりについて、つい先日のこの記事がとても良かった。
入社1、2年は「良き社畜」として騙され続けよ。 で、最後に1回だけ裏切ればいい 人気ブロガー 藤沢数希 聞き手:ライフネット生命保険副社長 岩瀬大輔|対談:入社1年目の教科書|ダイヤモンド・オンライン


中でも、特に良かったのはここ。

藤沢 ロジカルシンキングだかなんだか分かりませんが、指示されたことに対して理詰めで、これは間違っているなんて言う部下はやっぱりダメなんです。上司がバカなことを言ってもね、バカを承知で終電まで残って作業して、ちゃんとやって見せてくれる人が可愛いんですよ。

岩瀬 似たような話で、僕、「死んでもやれ!」と言われたことがあるんです。かつての職場にいた人の言葉です。「俺たちからすると、賢いかどうかはどうでもいいんだよ。頼んだことを絶対やってくるヤツが可愛い」って言われたんで、同じですよね。


この二人の経歴でもそういうことを求められた、というのは知っておくべき。
ただ1点気をつけなければいけないのは「理詰めで、これは間違っているというのをわかっている」のが前提で、それでもバカになってやること。
賢いかどうかはどうでもいいと書いてるけど、ホントのバカはダメだよ。だから「ロジカル・シンキング」などで勉強しないといけない。


それに、プログラマって理詰めなイメージがあるかも知れないけど、実際は体育会系のノリが強い。
コンピュータの相手より人間の相手をしっかりやらないといけない。そのために「人を動かす」も読んでおきたい。


そんな感じで、あとは 昨年のエントリで。


「ご冗談でしょう、ファインマンさん」

「ご冗談でしょう、ファインマンさん」を上下とも読んだ。最近本屋に行くとよく積まれているのだが、結構売れているのだろうか。



本書はノーベル物理学賞をとったリチャード・P・ファインマンの回想録となっている。回想録とは、自伝ではないということらしい。

人生好きにやっていいんだよ

読んですぐ感じたのは、これは若いうちに、できれば10〜15歳くらいで読んでおくと価値観の形成に良さそうだということ。
ファインマンは幼い頃からいい歳になっても好きなことをやっているわけだが、そこから「人生は好きなようにやってもそんなに問題は無い」ということを感じて欲しい。
親に怒られることはやっちゃいけないとか、そんなことはないよ。
その代わり、全ての責任は自分で取る、という気概でいること。そういう姿勢であれば何をしても良い。

下から見たロスアラモス

で、本書はそれなりに歳をとってから読んでもやはり面白い。
歳をとると好きなことをやっていても現実は上手く回らないということもわかってくる。どうにか折り合いをつけなければならない。
ファインマンはやんちゃなことをやっていても、押さえるべきところは押さえているわけだ。
そういうところを読んでいくのが勉強になる。ノーベル賞を取れとは言わないが、押さえとけ、と。


それに、歳をとってないと自分の意見が固まっていないとか、酷いと全くもっていないということもある。
例えばマンハッタン計画のくだりを読んで、戦争や原爆についてどういう考えを持つのか。こういうのは歳をとるごとに培われていくものだと思う。
本書では、ファインマンプルトニウムのかたまり(デーモンコア)を触っているシーンがかかれている。チームで原爆の威力をいかに上げるかを考えるシーンも書かれている。人類史上初の核実験(トリニティ実験)についても、ファインマンが見たときの詳細な描写が書かれている。これを読んで何を思うか。


なお、章題「下から見たロスアラモス」は、「下っ端」から見たマンハッタン計画という意味。
ロスアラモス国立研究所 - Wikipedia
トリニティ実験 - Wikipedia

口説くときは奢っちゃいけない

シリアスじゃないエピソードで好きなのはコレだ。ファインマンがバーで女性を口説いて、まったくうまくいかない。
そこで「紳士になってはいけない。まず第一に、女の子には何も奢らないこと」と教えられる。ファインマンは、そんなバカなと思いながらもやってみると、うまくいってしまう。(しかも、間違って奢ってしまったので「金を返せ!」と言った。)
こういうのは、若いうちはわからなかったなと思う。