南極の図書館

ペンギンが寝ていた…。

BABYMETALライブレポ「2014/7/21 APOCRYPHA - Y&M」

f:id:holypp:20140722234529p:plain

 

参戦してきたので、忘れないように自分用メモというか簡易レポを。

当日はAPOCRYPHA-YとAPOCRYPHA-Mの変則2公演。私はMに参戦。

 

タイムスケジュール

13:00〜14:30 物販1回目

15:00 APOCRYPHA - Y OPEN

16:00 APOCRYPHA - Y START

16:00〜16:40 物販2回目

17:30 APOCRYPHA - M OPEN

18:30 APOCRYPHA - M START

 

セットリスト

APOCRYPHA - Y

01:BABYMETAL DEATH

02:ド・キ・ド・キ☆モーニング

03:悪夢の輪舞曲

04:4の歌

05:メギツネ

06:イジメ、ダメ、ゼッタイ

EN1:ヘドバンギャー!!(Vo. YUIMETAL)

EN2:ギミチョコ

APOCRYPHA - M

01:BABYMETAL DEATH

02:ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト

03:紅月-アカツキ-

04:おねだり大作戦

05:Catch me if you can

06:イジメ、ダメ、ゼッタイ

EN1:ヘドバンギャー!!(Vo. MOAMETAL)

EN2:ギミチョコ

セットリスト比較

01はお決まり、本編ラストのイジメとENは変えるものでもないということで一緒。

それ以外が全て違う。(といっても4曲だが。)

 

比較すると、

・私は紅月が聴ければ他は気にしないのでMで良かった。

・YUIMETALを見に行った人ならユイバンギャーが見れれば満足だろうから、Yが取れていれば問題なし。

・MOAMETALを見に行った人ならモアバンギャーが見れれば(略)。

というのもあり、特に当たり外れというレベルではないという印象。

曲数に関しても、参加している人なら8曲もあれば良いというのが正直なところでは。

これ以上やられたら倒れる。

 

物販から開場まで

物販は13時開始予定だったが、並びすぎのため12:15頃に前倒しで開始された。

そして13時過ぎにはタオルが売り切れ。相変わらず勢いがすごい。物販の段階でこれだけカオスなのも珍しい。

というかタオルもっと用意してください。

 

私は終わり際にスカスカのところを突こうと思っていたので14時過ぎに到着。

しかし、その時点でも外まで列があり、15分くらい並んでようやくTシャツを確保。

デザインが好みだったので買えて良かった。

ちなみに、ライブ後の物販でもTシャツは残っていた。(サイズ切れは不明)

 

物販後は開場まで知り合いのモッシュッシュメイトとメタル談義。

あっという間に3時間が経ち17:30に。

Yの退場からMの入場までほとんど時間がないので整理が大変かと思ったが、特に混乱も遅延もなくMの入場が開始される。

 

先月同様、入場時に転売防止の対策が取られる。

簡単に言うと、FCサイトにログインして決められたページを表示し、

サイトのログイン名とチケットにある名前が一緒でなければ入場は不可。

かなり厳しくチェックされる。

以下、メールにある注意書き。

【召喚状のご案内】

今回の「BABYMETAL APOCALYPSE」メンバー限定イベントでは、入場の際に通常のチケットの他にデジタル召喚状の提示が必須となります。

当日、入場時に「デジタル召喚状」と「チケット」の2つを必ずご用意いただきますようお願いいたします。

【どちらか1つでの入場はできません。ご注意ください!!】

画面の印刷やキャプチャした物は無効となります。

 

開場から開演まで

整理番号が良かったので最前付近へ。

流れている曲はMetallica、PANTERA、Dragonforceなど。先月はIssuesだった。

 

普段は客電が落ちて圧縮だが、今日は人が多かったのか開始10分ほど前に詰めさせられた。

おそらく係員の指示だと思うが、よくわからないうちにグイグイ圧縮され、結果、中央付近2列目に位置取りが決定。

まだ開演前で電気も落ちてないのに左右から肘をグイグイ入れられたり。

まぁ、戦場なんでね。場所は譲らん。

 

開演、ヨーロッパ映像

18:30頃、前回同様モニタの映像から始まった。

内容はヨーロッパ遠征の振り返り。

これがなかなか良い映像だった。

 

ライブ映像というよりは裏方がメインで編集されており、3人のリハーサル映像、YUIMOAそれぞれにバースデーケーキをプレゼントするシーン。

現地のお客さんからの日本語のメッセージ。

各地のライブの開場前か終演後だと思うんだけど、「ヨウコソベビーメタル」とか「モアチャンオメデトー」とか。

ベタなんだけど開場はすごい湧いてたし、私も嬉しくなった。

 

ライブ本編

01:BABYMETAL DEATH

いつもどおりDEATHから。

しかしいつもと違い、2列目なので全員の表情が見える見える。

DEATHは途中の走りまわるところが好きなんだけど、3人ともさすがの迫力。表情が良い。

 

ステージを見渡すと、ギターが大村さんとLedaさん、ベースBOHさん。

顔が見えなかったけど、ドラムは前田さんだったらしい。

あと下手奥にMacbookが2台。ここに宇佐美さん?

本日二本目というのもあり、演奏陣は開始からノリノリである

 

02:ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト

メイトの盛り上がりがハンパない。初期の曲が好きな人はやっぱり多いんだろうなぁ。

キンキラリーン☆

 

03:紅月-アカツキ-

これが目当てだったので、セトリにあって本当によかった。

 

一度3人が下手から下がって、聴いたことのない静かなアレンジの紅月が始まる。

それが1分くらい流れて、Unfinished Ver.の開始に繋がる。

アレンジ変えてくるのか?と思ったが、以降は特に変更なし。

アカツキだー!」もいつものタイミング。

ここ、一度音止めて叫んだらかっこいいのに。

 

紅月の歌い出しを聴くと、あれ?SU-METALの歌が先月と明らかに違う。

調子も絶好調のようだが、それだけではない。

これまでSU-METALは良くも悪くも特徴の薄い歌い方だったのだが、今日はしっかりと感情が入っている。

振付も、以前は勢いが前面に出ていたが、今日の紅月はせつなさを感じさせる驚きの出来栄え。

「赤い糸」のところで小指を立てるSU-METALには寒気すら感じた。

見蕩れた後に、一瞬遅れて小指を立てた手を大きく上げたのは言うまでもない。

これがヨーロッパツアーでの成長か。

 

もうひとつの見所、ツインギターのソロは真ん中のお立ち台で大村&Ledaの背中合わせ。

2〜3mの距離で見上げて、興奮しすぎて死ぬところだった。

二人ともめっちゃ吼えてて良かった。

 

04:おねだり大作戦

「結婚するならやっぱりパパ〜」

いつもどおりの破壊力。個人的には4より好きなのでセトリには満足。

 

Twitterでも書いたけど、今回のライブはSU-METALを見るために行ったのに、気づいたらYUIMETAL,MOAMETALを見ていることが多々あった。

ありのまま起こったことを話すと、

 

「俺はSU-METALを見ていたと思ったら、いつのまにかYUIMETAL(MOAMETAL)を見ていた」

 

DIOに対峙したときのポルナレフもびっくりの混乱である。

基本下がっているSU-METALと、前に来てスクリーム&ダンスをしているYUIMETAL,MOAMETAL。

SU-METALのカリスマも大概だけど、やはりYUIMETAL,MOAMETALも超がつく一流。

こんなに可愛いアイドルが目の前でひらひら舞っていて、見るなという方が無理。

 

「天使の顔した悪魔のささやき……」

これはもう比喩でもなんでもない。

 

「「わたし、パパのお嫁さんになるんだ」」

 

ぎゃーーー!!

 

これがメタルレジスタンスか……。

 

05:Catch me if you can

神バンドのインスト、からの、いつものCatch meの前奏へ。

(インストここじゃなかったかも。うろ覚え。)

目の前で「とっておきの場所を発見」が見れて感動。笑。

このあたりからサーフが増えてきて、頭の上を何人も通過。

 

06:イジメ、ダメ、ゼッタイ

最初の語りが英語Verになっていた。今後はこれでいくのかな?

本編ラストなのは誰もがわかっていて、ここぞとばかりに頭の上を何人も転がっていく。

 

そして、終わってからの「We are!!」「BABYMETAL!!」

SU-METALがお立ち台に上がるときに左のイヤモニを外していた。客の生の声を聴くためだ。

いつもこの掛け合いのときだけSU-METALは素の表情を見せる。

彼女は客の声を聴くのが好きなんだろう。

ライブを無邪気に楽しんでいる姿を見て、こっちも幸せになる。

 

EN1:ヘドバンギャー!!(Vo. MOAMETAL)

アンコールの掛け声はみんなちゃんとわかってて、

「We want more!!」「We want MOA!!」

 

MOAMETALは後ろでニヤニヤしていたのでは。

15の誕生日おめでとう。

 

曲の方は、最初からMOAMETALが歌うのかと思っていたけど海外と同じ形だった。

「マイクの受け渡し」のシーンも見たかったので、これはこれで。

 

MOAMETALの歌はそつない感じで、ただ、「ギャー」は大変そうだった。

 

そして横には存在しないツインテールを持ち上げているSU-METAL。心のツインテール。念じればそこにツインテールは存在する。

 

最後の見所、「ヘドバンギャー!」でYUIMETAL,SU-METALが吹っ飛ぶところは2人とも表情作りがうまい。さすがの吹っ飛びでした。

 

EN2:ギミチョコ

先月から、ラストはギミチョコが定位置に。

個人的にはイジメで締めて欲しいのだが、知名度や掛け合いも含めてギミチョコというのは妥当ではある。

 

曲もさることながら、振り付けのセンスもすばらしい。ずきゅんどきゅん。

ずきゅんどきゅんされるSU-METALの表情、初期はツンと澄ましてたけど最近は笑いをこらえる風になったのかな?それとも素?

曲の後半、ギミチョコを客に歌わせるところで「We are!!」のときと同様にイヤモニを外すSU-METAL。

ああ、今なら聞こえるだろうと思って「すーちゃーん!!」と叫んだのはここだけの話。嗚呼、ドルオタ乙。

 

ライブ終了後

全身ぐっちゃり濡れていたので着替え、モッシュッシュメイト達と軽く飲みへ。

見渡すと、BABYMETALのファンは本当に多種多様。

アイドル好きもいればメタル好きもいる。高校生もいれば年配の方もいる。子連れもいる。

 

ライブはライブで楽しんだんだけど、ちょっと驚いたのが当日いろいろな方との出会いがあったこと。

ちょっと驚くようなすごい方とも話ができて、恐縮しきりだったり。

BABYMETALという共通の話題があったからこそ、そういった新しい出会いがあったわけで、そういう面でもBABYMETALには感謝しています。

 

幸せをありがとう。良いライブでした。

 

BABYMETALはなぜSonisphereで通用したのか

 いろいろと言われているがとても単純な話で、『サポートバンドの音が良いから』それが理由の8割以上だろう。


フロントの3人(というか、それがBABYMETALなのだが。)だけでは海外のワンマンライブは成功しても、Sonisphereには出るのもおこがましい。

 

BABYMETALとの出会い

なぜこんな事を言うのかというと、実際にサポートバンドがいないBABYMETALを私は見ているからだ。

いつのことだったか検索すると、このときだ。

 

当日まで私はBABYMETALの存在は知らず、SiMに間に合えばいいから遅めに行こうと思ってたのだが、友人から「BABYMETAL見ようぜ!」と言われたので、開始から参戦することにした。

 

そこで見たBABYMETALは、正直なところ、ひどかった。

今となってはBABYMETALのファンクラブにも入っている私だが、どう贔屓目にみても、ひどかったとしか言えない。

もう一回見たいかと言われても、見ない。

 

とにかく音が薄いというか、悪いというか、小さいというか。まぁ演奏してないから当たり前なのだが。

率直な感想は、「こんな音で誰が見るんだよ。」だった。

しかし、客はすげー盛り上がってた。おいw。

 

結局私はほとんど見ずにビールを飲んでいた。

BABYMETALが終わるとTHE冠が出てきて、BABYMETALの客が帰っていった。驚くほど減って、およそ半数くらいになった。「BABYMETALだけ観る」という客がこんなにいるものかと驚いた。

 

ただ、個人的にはTHE冠の方がずっと良かった。やっぱり出音が違う。ライブに来たんだなぁと、ようやくそのときに感じた。

ちなみに、SiMは期待以上だった。行って良かった。

(当時のライブレポートを見ると「BABYMETAL最高だった」というものも結構あるので、あれはあれで良いという人も一定数いるのだろう。)

 

メタルフェスでのBABYMETAL

その後しばらくたって、「BABYMETALってLOUD PARKも出てたらしいよ」と聞いた。

いやいや、冗談だろ?

アイドル枠にしても冗談だろ?

とりあえず、どれだけ悲惨だったのか気になったので、動画を探したらYouTubeにあった。

 


BABYMETAL Live at LOUD PARK 2013 Ijime, Dame ...

 

おいw

 

なんだこの音は。なんだこの白塗りのサポートメンバーは。

この前見たBABYMETALとは、全く別のバンドじゃないか。

曲もダサい(褒め言葉メロスピど真ん中で聴きやすい。

それにしてもサポートメンバーのクオリティが高すぎる。メンバーを調べてまた驚いた。

現在のサポートメンバー
大村孝佳(C4) - ギター
Leda(元DELUHI) - ギター
藤岡幹大 - ギター
BOH(元BINECKS) - ベース
青山英樹(EVER+LAST) - ドラムス
前田遊野(元Blue Man Group) - ドラムス
宇佐美秀文 - マニピュレーター

Wikipediaより。

よく集めたと驚くレベル。

ここで大事なのは上手いか下手かよりも音の方向性。(だって、せっかく選んでるわけだから、上手いかと言われたらとても上手いに決まっている。)

メンバーを見るとそのあたりも問題なく、むしろメタル向きの構成と言って良い。

実際、HR/HM好きにも納得の音が出ている。プロデューサーはホントに良くわかっている。


まとめ

このエントリでは「フェスやイベントで足を止めさせるためには、一流のバンドの音が必須だ」と言いたいだけで、それ以上でもそれ以下でもない。

フェスやイベントで知らないバンドを見たときは最初の音で聴くか聴かないかを決めることが多いからだ。

Sonisphereで成功したのは、最初の音出しの時点で、また演奏中に、そのクオリティが高いことを認めさせたからだろう。そうでなければ客はすぐに去っていったはずだ。

 

そう。私が最初にBABYMETALを見たときのように「評価に値しない」という評価だけを残して。

 

SU-METALはメタル

最後に少しBABYMETAL本体の話をしよう。

ファンになってしまえばすぐに気づくのだが、BABYMETAL3人の能力はとても高い。

良く言われるのは、左右のYUIMETAL、MOAMETALについて。

「最初に見たときはマイナス要素だと思ったが、見てるうちに完全に逆転した。」という人が多い。

ええ、二人とも立派ですよ。本当に。

 

そして、私が一押しなのはメインボーカルのSU-METAL。

歌もそれなりに上手いのだが、そういうレベルの話ではない。雰囲気がすごいのだ。


BABYMETALは、ライブ中はキツネ様(キツネの神様)が降臨しているという設定なのだが、SU-METALに関してはホントにそうなのではないかと思わせるほど人が変わる。

上の動画の前奏を見て欲しい。

およそアイドルらしからぬ厳しい眼、表情、そしてカリスマ。

Sonisphereでは6万人を前にして固まるメンバーもいる中(MOAMETALが最初のポーズを取ったあとに、文字通りしばらく固まっていた)、SU-METALは客を見渡し不敵に笑い、ギミチョコでは何食わぬ顔でメタラーにチョコレートチョコレートと歌わせている。

これでまだ16歳である。

 

BABYMETALはメタルか?という論争がよくあるが、BABYMETALはメタルである。
これは、曲調がどうのという話ではない。ライブ中のSU-METALを見ると、メタルじゃないという方が難しいからだ。

 

 

さて、明日O-EASTにBABYMETALを見に行くので勢いで書いてみた。

Sonisphere後のBABYMETALがどうなっているか、楽しみだ。

 

(22:10追記)

特に序盤は偉そうなことを書いているが、結局、私の心情は英ガーディアン紙のコメントと全く同じである。(これは名文だと思う。)

「正直に言って、(BABYMETALの魅力に)私は屈した。次はあなたたちの番だ」

http://www.news-digest.co.uk/news/news/uk-news/11840-2014-03-13.html

低い枝の実を取る

※仕事の話。
4月から見てきて、スタートダッシュに成功した人もいれば、残念ながらあまり評価されていない人もいる。
その差は、意識しているかどうかに関わらず「低い枝の実を採る」、「シングルヒットを狙う」ということをやっているかどうかだと思う。

低い枝の実を採る

成果はすぐに提示すること。それが完璧でなくても。
例えば、全体としてまとまっていなくても、手応えのある取っ掛かりがあればそれを伝える。
または、細部を確認していないものでも、大枠ができていたらそれを伝える。
はじめから完璧なものを出そうとして一人でがんばる必要はない。
一人でがんばるということは連絡が薄くなるということでもあり、やはりいいことがない。


小さな成果でも見せることができれば「信頼」が得られる。
それが何より大切で、小さな信頼の積み重ねというのは何より強い武器になっていく。

シングルヒットを打つ

ホームランを狙って打率1割以下に落ち込むよりも、コンスタントに一塁に出ること。
なぜならチームはそれを求めているから。


思わず先頭打者ホームランを打ってしまった、というときは、しばらく控え目な態度で過ごした方が良い。
期待されたことが出来ないと評価はすぐに落ちる。
(期待してくれと頼んでも居ないのに、どんどん落ちる。)
機会があれば、大きな成功ではなく着実に成果を出していくつもりだと上司に伝える。(一般的に、上に行くほどリスクを嫌う人が増える。)
コンスタントに結果を出し、たまに盗塁を決めたり運良く二塁打が出るくらいで、十分評価は上がっていく。




〜〜
4月から何人か見ていて、どうもそのあたりが上手くないせいか評価が上がらないメンバーがいる。
大きな成功が欲しいんだろうな、と思うんだけど、まずは小さな成功、小さな信頼を狙って、少しずつ進めていって欲しい。
大きな成功で周りを驚かせたいという気持ちはわからなくもないけど、仕事の中での「驚き」は無いにこしたことはない。
それが嬉しい驚きでも「打率」が下がるのなら嬉しくないし、それを毎回期待されると、こんどは当事者がかわいそうなことになってしまう。




※元にしたのはこちら。定期的に読んでる。

iTunesStoreの返品方法。その後

こちら、返品が受理されました。
iTunesStoreの返品方法 - holyppの日記


メールより。

ご連絡いただきました、誤って購入されたアイテムについて、料金を返金いたしました。xxxxx円のクレジットが、ご購入時のレシートに記載されたお支払い方法に沿って返金されます。

ストアクレジットで購入されたアイテムに対する払い戻しがクレジット表示に反映されない場合は、「Store」メニューで「サインアウト」を選択してから「サインイン」を選択してください。

今後ともご支援・ご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

ねじまき鳥と1Q84

先日書店に寄ると、1Q84の文庫が出揃っていた。
村上春樹の長編はそれまでに11作ある。その中で私は読んだのは7、未読が3。
今ちょうど「ねじまき鳥クロニクル」を読んでいて、未読の3作品は買っていない。
時期が良いし、終わったら1Q84を買いに行こうと思っている。
そこで、物語の背景やデータなどがあれば掴んでおこうとWikipediaを読んでいたら、村上春樹のインタビューが引用されていた。
全文読もうとしたら引用元がリンク切れになっていてガッカリしたが、これは「コミットメント」以後の村上春樹をよく表している。


僕が今、一番恐ろしいと思うのは特定の主義主張による『精神的な囲い込み』のようなものです。多くの人は枠組みが必要で、それがなくなってしまうと耐えられない。オウム真理教は極端な例だけど、いろんな檻というか囲い込みがあって、そこに入ってしまうと下手すると抜けられなくなる」

「物語というのは、そういう『精神的な囲い込み』に対抗するものでなくてはいけない。目に見えることじゃないから難しいけど、いい物語は人の心を深く広くする。深く広い心というのは狭いところには入りたがらないものなんです」
毎日新聞インタビュー、2008年5月12日 [4]より

1Q84 - Wikipedia


話は変わるが、仕事が忙しいとき、やってはいけないのは空き時間をすべて休養に充てること。
疲れていると休みたくなるのだが、それでも、無理にでも読書やゲーム、スポーツなどをしないと精神がやられてしまう。
その中で、読書は準備がいらないので気分転換やアクセントとして取っ掛かりやすい。
通勤時間などに、しばし現実から離れるわけだ。


「いい物語は人の心を深く広くする」ので些細なことで「投げたり」「揺れたり」しなくなるという効果もある。
また、本を読むことで自分の意志や芯といったものも少しずつ構成されていくのではないか。
それは大事なことだし、それが成長というものだと思う。


iTunesStoreの返品方法

ひさしぶりにAppStoreをぶらぶらと見ていたら、間違って不要なアプリを購入してしまった。2年連続2回目。
昨年も一度やって返品したんだけど、やり方を忘れていたので備忘として。
(前回返品時のメール履歴にiTunes Store カスタマーサービスのURLがあったのでそこから調べた。)


このリンクで下記1〜4は飛ばせる。
1.iTunesを起動。
2.iTunesStoreをクリック。
3.右上のアカウントをクリックし、パスワードを入力(アカウント情報が開く)。
4.購入履歴の「全て見る」をクリック。
5.右下の方にある「問題を報告する」をクリック。
6.画面上部の「最近の購入」一覧に「問題を報告する」というリンクが追加されるのでそこをクリック。
7.プルダウンに「間違ってこの商品を購入した」があるので選択し、コメントを入力する。


コメントは、誤ってボタンを押してしまった、ダウンロードはキャンセルした。という内容で送った。
前回(2011年8月)はそれで返金された。


単純にこちらのミスなので返金されなくても文句を言うつもりはないけど、ワンクリックで確定してしまうUIはちょっと不親切かな。
無料のものは良いけど、有料のアプリにはワンクッション欲しい。

できる人間とは。

ずば抜けてできる人間なんてそうそう出会わないはずなのに、または能力を発揮するシーンにはかち合わないはずなのに。


どしゃぶりの中、担当者が事前に調べた物件を全て歩いて確認し、その後自分が納得するまで走りまわる。
そして担当者より何倍も良い提案を笑顔で行う。


担当者とは私です。
切腹ものでした。本当にありがとうございました。